サッカー家庭教師を作った谷田部の別視点ブログーサッカーコンサルタント業務も

私が思うサッカーのセカンドキャリア

常日頃私が思っている”矛盾”に「セカンドキャリア」があります。
本気でサッカーを上手くしたい。それでも選手を目指すか、普通の仕事をするにしろ行く末は
サッカーでは食べてはいけない。という現実

私自身が17の時にブラジルに渡り、プロを意識し始めた時
怪我をしてもプロになってもどちらにせよ、ボールを蹴る時間というものは今のようには行かない・・・
意識し始めた時から持っている感覚です。

コーチという立場を初めて立った時に受けたショック

サッカーが上手い人が天下の選手時代から
自分より下手なおっさんがちやほやされていて発言権のあるショック

 

これ、ある程度サッカーをやって指導する立場になれば誰もが受ける現実的問題だと思います。
長い物には巻かれろを地に行っていると言えば聞こえはいいですが

本気でプレーヤーとしてやっていた人がサッカーやったこともない
ただ指導キャリアが長い。という人にペコペコしなければならない。

これでは普通に考えてセカンドキャリアにコーチを選ぶはずもありません。
しかもお金が非常に安い。

志だけで・・・
と言っても皆辞めていきます。

まともな人ほど違う業界に行きます。
謙虚であれ。といってくる人が一番”謙虚でない”のもわかりやすい世界です。

変えたかった体質

私自身そんな業界に違和感を感じたのはいうまでもありません。
かつてであればサッカー競技者自体が少なく、やったことがない指導者が多かったのは仕方ないことです。

今ではたくさんの優れたプレーヤーが次の選択をする上で
指導の立場を選ぶ人が少ないのは、お金だけの問題ではないはずです。

私自身は一生懸命に教えていることだからこそ、選ぶ選ばないは自由にしろ
魅力的な選択肢の一つを作りたかった。

セカンドキャリア創設のための「サッカー個人レッスン」であり、サッカー家庭教師
だったのです。

次の世代がサッカーのコーチという職業を憧れられるように

サッカーを一生懸命やりきり、引退したら極一部の人間を除いて
他の業種に行かなければならないのがサッカーの世界。

子供達のサッカースキルを伸ばし、育成に関わっている上で
切っても切れない矛盾の一つがセカンドキャリアの部分です。

サッカーのコーチで仕事にしていく
実際置かれている現状は単年契約または、2、3年契約という形がほとんどです。

しかも金銭面にも正直厳しい、独り身では生活できたとしても家族を持つとなるとままならない上に不安定なのが実情です。

サッカーのコーチとして独立、自立する方法

ここのブログでは

サッカーのコーチとして

またはどんな方法でも自立独立できる方法を書いていければと思っています。

 

自ら仕事を生み出し、生活力を持つこと。

これこそが本当の意味でコーチがクラブとも対等な”自立”であると考えます。

 

いわばサッカーコーチのブランディングのコンサルともいうべきでしょうか。

プロデュースの方がわかりやすいかもしれません。

 

そうしたことをここから発信していければと思います。

 

 

谷田部

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

11人の購読者に加わりましょう

ソーシャル

お問い合わせ





お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文